更年期障害には「よもぎ蒸し」がオススメな理由

最近下記のような症状を感じることはありませんか?

 

最近カラダがだるい。
去年できたことが今年できない。
体調の良くない期間が今までと比べて長い。

特に女性は40歳を過ぎる頃からカラダの不調和を感じ始める時期でもあります。

それは、40歳を過ぎる頃から卵巣の機能が低下し、休止に移行してくると、ホルモンのバランスを保つためにカラダをコントロールする調整機能が働きます。

本来のカラダは、ホメオスタシスといったカラダを正常に保てるような機能を元々持っていますが、長年の不自然な暮らし、食生活、ストレス等により、カラダをコントロールする機能が低下していきます。

そのためにホルモンの変化に対応できず、全身のホルモンのバランスが保てなくなり、自律神経系がアンバランスを引き起こします。その結果、さまざまな不快な症状が現れます。

これが更年期障害です。

ストレスなどで自律神経が乱れた結果、卵巣はホルモンであるエストロゲン、プロゲステロンの分泌が次第に少なくなり、最終的には排卵が止まり閉経となります。

45歳~55歳ころまでに閉経する人が多いと言われています。

ところが最近では、30代後半から月経が不安定になり、体調不良を訴える人も増加しているようです。

更年期は誰にでも訪れるものです。

健康な人には緩やかに始まり緩やかにおさまり、不調な期間も短いようです。

逆に不健康な人には症状が重く、不調の期間が長くかかるのだそうです。

ですから、日頃から適度な運動やバランスの良い食生活を心がけ、ストレスを上手に発散させて、少しでも症状を和らげられる健康状態の良いカラダにしたいものです。

 

更年期障害はどんな症状があるの?

初期のころには、月経異常がおこり周期が不規則になり次第に数ヶ月から数年でおさまるそうです。

症状として多いのは、ホットフラッシュ(ほてり、のぼせ)と汗です。

汗は30秒から5分くらい続いてその後、悪寒がおこることもあります。

その他に、 頭痛、肩こり、倦怠感、不眠、悪寒、めまい、動悸、精神不安、関節痛、筋肉痛、抑うつ、耳鳴り、下腹部痛、残尿感、子宮出血、疲労など。

この症状が出る原因は、卵巣の老化によるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が減少し、自律神経中枢の変調を起こすためといわれ、このような不快な症状は、平均5年間くらい続くそうです。

自律神経とホルモンはわずかな乱れも不調を引き起こします。特にカラダを冷やす食事や飲み物は、血液やリンパの循環を悪くし、さらには過食や運動不足 により、体内の老廃物が溜まっていきます。

そして現代人はストレスを抱えている人がほとんどです。

 

更年期障害の苦痛を和らげる「よもぎ」

まず症状を和らげることを心がけ、特に冷えをエスカレートさせないようにするためには、どうしたら良いのでしょうか?

それには意識の改善が必要です。バランスの良い食生活、適度な運動、良質の睡眠、リラックスできる時間を持つこと。

まずは、できることからはじめてみることをオススメします。

「よもぎ」は血液を浄化し、免疫力を高めるといわれ、胃、腸、肝臓、副腎、心臓、血液、脾臓の機能を高め、自律神経、ホルモンのバランスを整えるのに効果的といわれています。

「よもぎ蒸し」で、下半身からお腹を温めることで、うまく体温調節できるようになり、回数を重ねるごとに、個人差はありますが、ホットフラッシュや多汗の緩和が期待できます。

また「よもぎ」に含まれるシオネール という香り成分により、イライラなどの精神の乱れが整えられて、自律神経も整いやすくなります。

 

まとめ

本来カラダは、ホメオスタシスといって血圧や体温、ホルモン分泌を一定に保とうとする機能を持っています。

しかしその機能は、加齢の他に日々の生活習慣やストレスによって機能が低下してしまい、その結果、全身のホルモンのバランスを保てなくなって、自律神経系のアンバランスを引き起こしてしまい、ホットフラッシュをはじめとした更年期の症状を招くことになります。

更年期は女性の皆さんに訪れるもの。その程度が日々の生活習慣によって左右されると言われています。

まずは食事や睡眠、運動などの生活習慣を見直してみること。

そして、よもぎ蒸しで血液を浄化して、内臓機能を高めたり、自律神経のバランスを整えることでそういった症状の緩和につながるので、ぜひすでに更年期の症状のある方や生活習慣を改善して体質を改善したいという方はよもぎ蒸しを取り入れてみてください。