なぜ今、”瞑想”が必要なのか?

セラピストとして日々施術をしていて思うことがあり、本日よりsuwaruのメディテーションスクールに通いはじめました!

私が日々思うこと。

それは、皆さんの体のケアだけでなく、心(マインド)のケアをサポートしたいということ。

今回、「瞑想」というものを学んで、少しでも皆さんに還元できたらと思い、suwaruのメディテーションスクールに通うことにしました。ブログやインスタで学んだことをシェアしたいと思うので、ぜひ参考にいただけたら嬉しいです。

瞑想とは?

瞑想というと、「何か宗教っぽい」というイメージを持たられる方もいるかもしれませんが、実は瞑想の歴史は紀元前まで遡り、宗教が始まる前から瞑想は始まっていたそうです。そしてお祈りといったような形で、その後多くの宗教で瞑想を取り入れていったんです。

つまり、宗教っぽいというのは間違えで、瞑想の方が長い歴史を持っているんですね。

瞑想・・・集中、自己の気づきを高めること。自己についての知識を高めること。

なぜ今、瞑想が必要なのか?

日本国内の話でいえば、高度成長期を終えるまでの日本は肉体労働で体を酷使してきました。
そして高度成長期を終えて、IT革命によって情報社会となりマインドを酷使する時代に移り変わってきました。

多くの情報に溢れたことで、複数の選択肢の中から一つの選択をするのも一苦労…

現代は、体のケアだけでなく、心(マインド)のケアが必要となってきました。

さらにいうと、人は母親のお腹の中にいる間は外界からの情報や刺激がなく、内側に意識が向いていたけど、生まれてからは外側に意識を向けるようになり、いつしか”自分”というものを見失ったり、自分が本当にしたいことが何かがわからなくなってしまうこともあります。

改めて、”自分の内側”に意識を向けることで、本当に自分が望んでいることがわかり、悩みをリリースしたり、ネガティブな思考パターンを断ち切ったりすることにもつながります。

瞑想は、外界からの情報や刺激がなくなり、内側に意識を向けることでリラックス効果やストレス解消に役立つことがすでに多くの研究で証明されてきているので、取り入れない手はないですね。