CBDって何?

今世界中で注目を集めているCBDについてご紹介します

What’s CBD?

今、全世界で研究が進められ、広がるCBDとは?

世界各国のセレブ達をはじめ、多くの人たちが関心を寄せているCBDとは、Cannabidiol(カンナビジオール)の略称です。大麻からとれるカンナビノイドという成分の一つで、麻(大麻草)の茎や種子から抽出される成分です。精神へ与える作用(精神作用)や中毒性がないことで知られており、医療や健康・美容業界から注目を集める成分です。

Features

エンドカンナビノイドシステムとは?

人間を含むすべての哺乳類の体内にはエンドカンナビノイドシステムと呼ばれるシステムがあり、 主に睡眠、食欲、気分、炎症、記憶などさまざまな作用を調節しています。

CBDがエンドカンナビノイドシステム に働きかけることによって、体内の崩 れたバランスを整えてくれます。

生まれつき、または老化やストレスによって、エン ドカンナビノイドが足りていないために具合が悪い 人に対して、CBDでサポートすると本来のバランスが 取り戻せるのではないかと考えられています。

Main Action

今危惧されているのがカンナビノイド欠乏症

<INSIDE>
  • 体内の老廃物やむくみをとる
  • 免疫強化および炎症の緩和
  • 血液循環促進、胃や小腸の働きを活性化
  • 身体に滞留した電磁波や静電気を取り除く
  • 身体のバランスを調整する
<OUTSIDE>
  • 抗菌作用、ニキビ肌、肌トラブル
  • 血液循環(クマ、ターンオーバー促進)
  • 皮膚の古い角質や汚れを除去
  • シワを防止し、皮膚のハリ・弾力の回復
  • 肌のキメを整える
Our Method

 フットクレイバス

当サロンでは、アロマフランス のクレイを使用したフットバスをご利用いただけます。クレイのマイナスイオンが身体に溜まった毒素を吸着し、足の裏から体外へデトックス。高純度、超微粒子クレイのアロマフランスだからこそできる強力デトックス。

デスクワークやスマホの長時間利用をされている方やなんとなく身体がだるい、疲れが抜けない。そんな方にオススメです。

世界でCBDが適用されている/研究されている疾患

Post-ironic venmo vegan ramps jean shorts disrupt celiac succulents put a bird on it banh mi schlitz cronut +1 asymmetrical swag.

Letterpress tumeric

Kogi man braid migas, fashion axe blue bottle fingerstache ugh taiyaki poke letterpress irony vice kickstarter. Listicle mumblecore neutra.

Read more

睡眠の質の向上

Shabby chic organic bushwick cred irony try-hard offal distillery letterpress slow-carb green juice hell of master cleanse pitchfork.

Read more

PMS

Fixie polaroid gentrify asymmetrical marfa pitchfork, listicle leggings. Swag post-ironic twee gluten-free sriracha, vaporware chillwave actually brunch art party.

Read more

Pitchfork 3 wolf

Fingerstache chillwave cred sartorial pug. Sartorial kale chips cornhole, deep v salvia godard twee tousled.

Read more

Leggings slow-carb

Pitchfork hot chicken intelligentsia literally cred, bushwick synth. Poke mustache vinyl jean shorts semiotics.

Read more

Literally fanny

Chambray pour-over portland, forage shabby chic jean shorts shoreditch tacos retro 8-bit hella YOLO.

Read more
Gluten-free

3つのCBD濃度

CBDオイル ゴールド10%

 

  • リラックスしたい方
  • 体調を整えたい方
  • 慢性的な疲労でお困りの方
  • 集中力高めたい方
  • 仕事のパフォーマンスを上げたい方
  • 睡眠の質を改善したい方

CBDオイル ゴールド15%

  • リラックスしたい方
  • 体調を整えたい方
  • 重度の睡眠障害にお悩みの方
  • 健康に関する深い悩みを改善したい方
  • 肩こりや関節痛など痛みを 緩和したい方
  • 花粉症などでお悩みの方
  • 更年期障害の方

CBDオイル ゴールド30%

  • リラックスしたい方
  • 体調を整えたい方
  • 重度の睡眠障害にお悩みの方
  • 健康に関する深い悩みを改善したい方
  • 肩こりや関節痛など痛みを 緩和したい方
  • 花粉症などでお悩みの方
  • 更年期障害の方

Q&A

毎日の健康維持の為に5%濃度のCBDオイルが最も人気があり、お奨めしております。 hemptouchでは3%~30%迄濃度がございます。 5%濃度を使ってみて「もうちょっと低くても良い」という場合は3%を、実感値が低い場合は10%、15%と濃い濃度 をご利用下さい。

5%濃度を10滴飲むのと、10%濃度5滴飲むのでは摂取できるCBDの量はほぼ同じです。 しかし、CBDオイルにはCBDを生かすためにCBD以外にもテルペン等様々な成分が含まれており、高濃度の方が密 度が高く含まれています。

もし多く摂取したいと思われるなら、低濃度のCBDオイルの摂取量を増やすより、高濃度を通常の量摂取すること をおススメします。

CBDオイルのドロップタイプはそれぞれ1か月分(=おおよそスポイトで300滴程度)を目安に作られております。 ですので最初は5~10滴程度を目安にご利用ください。

勿論人によって適量は変わりますので、ご利用しているうちに1回の摂取量を多くしたり、減らしたりして試して みて下さい。

ドロップタイプのCBDオイルは1本あたり10ml入っており、おおよそスポイトで300滴ご利用頂けます。

1日7滴程度で約30日分、1日10滴程度で約20日分です。

オーガニック由来で出来ておりますので、特段問題はないと思いますが、当商品はサプリメントです。 経口摂取用ですのでお肌へのご利用はお控えください。 また、hemptouchはお肌用スキンケア化粧品もご用意しておりますのでご利用ください。

hemptouchのCBDオイルは気温25°C以上の場合、冷蔵庫に保管していただくことをおすすめしております。 それ以上の温度であると変質することがございますが、20°C~25°C程度で本来の色・味・粘度に戻ります。

CBDオイルはサプリメントですが、飲み合わせ等、考慮が必要な場合もありますので、専門の方にお問い合わせ ください。通院中の方や服用中のお薬がある方は、かかりつけの主治医や薬剤師に必ずお問い合わせください。

サロン体験をご自宅で

オンラインストアでもご購入いただけます。

ONLINE STORE

The Company

Quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.

Sed ut perspiciatis unde omnis iste natus error sit voluptatem accusantium doloremque laudantium, totam rem aperiam, eaque ipsa quae ab illo inventore veritatis et quasi architecto beatae vitae dicta sunt explicabo.

ストレス緩和・リラックス作用

CBDに期待できる効果の一つは、セロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質に影響を与え自律神経を整えてくれるので、ストレスを緩和し、不安を軽減してリラックス効果を得られることです。長期間不安やストレスを抱えていると、うつ病などの精神疾患につながる懸念があるため、摂取することで精神的な不安などを解消できるのではないかといわれています。海外では実際にCBDを摂取した人が、社会不安障害やうつ病、総合失調症の症状緩和を実感したという声をインターネットで発信していました。あくまでも個人的な感想であり、精神疾患に関しては一部の研究者の間で同様の論文を発表していますがまだ限定的で、今後多くの研究者の発表に期待されています。なお、てんかんに関しては国内外での研究が進み、海外ではてんかん用の医薬品が、米国で2018年6月に販売承認されました。日本国内でも2019年に一部の医療機関で治験を開始しています。

不眠の緩和や皮膚の抗炎症などにも

それ以外に期待できるのが不眠を緩和することです。不眠症の方がCBDを使用したことで、睡眠時間の延長が見られた事や、PTSD(心的外傷後ストレス障害)による睡眠障害の人にも効果があったという報告があります。

また近年では自己免疫疾患やアレルギー性疾患など免疫の過剰反応による症状への作用が期待されています。
美容分野でもCBDは注目されており、日本化粧品協会によると、抗酸化作用、抗炎症効果、ニキビ、皮膚炎アレルギー、アトピー、やけどなど皮膚への様々な作用が期待されます。